もぐもぐ・すやり

タグ:外ごはん ( 41 ) タグの人気記事

えきぞちっく・トーキョー 谷根千編

東京観光に行ってまいりました。行き先は谷中、根津、千駄木の頭文字を取って、谷根千とも呼ばれる一帯。

どういう場所かさっぱり説明すると、江戸時代から人がしっかり住んでたお江戸の中心エリアの一部だったにもかかわらず(今は山手線の右上部内側)、空襲を免れたため、江戸&文明開化の時代の雰囲気もちらほらと残ってる場所といいましょうか。浅草などと違って特に大きな繁華街があるわけではないですが、そういう地味渋な雰囲気を愛する人々(&外国人)からは人気のエリアでござんす。

で、今日のお客人はこの方(左)。
d0123346_919405.jpg
カウンターでビールを注ぐ手つきも妙に板についてますけど、生まれも育ちもLA近郊。Bのサンディエゴでの友人、G君:日本に出張中、でーす。

五ヶ月ぶりの再会に「カンパ~イ♪」

キレイな顔♥、ということで定評のあるG君ですが、諸般の事情で写真はぼけさせていただきました。そのままにしといたら、Bが顔を描け描けとうるさいので描きましたが。まぁ、あんまり深く追求しないでください^^;。


で、まずは腹ごしらえの江戸前天丼@上野の天ぷら屋
d0123346_10204498.jpg
悪いねえ、また、揚げ物で(爆)。

いやー、この辺て、いろいろ和ものの老舗があるから、どうしようかとは思ったんすけどねえ。この人↑、魚、苦手気味だし^^;。経験上、薄味系の和食はお金に見合った満足度を得るのは純粋なアメリカ人の場合、難しい気がして。

なので、また、天ぷら。。。今回もおいしい、おいしいと食べてましたから、まぁ、良かったっす。あ、もちろん、この店、特にランチの天丼(1500円也)は、おしょうゆとごま油の香りも香ばしく、よっ、江戸前!ってな感じで、我らも満足度高しでございました~。


腹いっぱいになった後、お客人の嗜好に合わせて、出向いたのは、こちら。
d0123346_816208.jpg
旧岩崎邸庭園で、ございます。この洋館は鹿鳴館やニコライ堂等々の建築で日本の西洋建築の礎を築いたといわれるコンドル博士によるものでーす。

d0123346_8222335.jpg日本にしょっちゅう来てるG君、ほとんどの都内のオサレ系建築&観光地は制覇されておられますので、ちょっと、マイナーめのところを選んでみました。


まぁ、でもマイナーっつったって、三菱財閥の総帥だった人の戦前のお屋敷の跡ですから。

見所はいっぱい。

タイルがミントン、トイレがロイヤルドルトン、天井はシルクの絨毯張り→とか、言われると、お金があるってすばらしい~♪、と歌いたくなりましたが、まぁ、そんな、薀蓄はともかく、キレイな建物でございましたー。


個人的にはこの建物のエンボスの効いた建具の意匠が気に入りました^^。
d0123346_8274178.jpg
d0123346_13304432.jpg
曇ってたんで、ぱっとしない写真ですびませんが。。。


岩崎って誰だ、と、家系図を勉強中のG君^^。
d0123346_12215984.jpg
こんなテラスでお茶を飲んでみたいものですね(^^ゞ



が、我らがカンドーしたのは外国人接待向けのこの洋館(=写真下、右側)よりも、断然、書院造の和館(左側)。
d0123346_10242458.jpg


両者は美しい渡り廊下でつながれています。
d0123346_8333765.jpg
まさに、陰影礼賛((C)谷崎潤一郎)、でございます。


障子の開き加減による庭や欄干の見え方まで計算されているに違いない縁側。写真が下手で申し訳ないけども^^;。
d0123346_8335581.jpg
こっちの方が今、見ても、全然、モダンで洗練されている、ということで、意見の一致した三人でございました~。

一族の冠婚葬祭に使われてたという広間部分も、そりゃあ、凝った造りでしたが(菱まーくだらけだったが^^;)、その横っちょの中庭に面したお部屋も落ち着いてて良かった。

そこではお茶が飲めまーす。
d0123346_8563388.jpg
古いおうちの匂いがしまーす。広いお縁からは蝉の声とともに涼風がそよそよ。日本の夏、という感じ。昔の建て替える前の祖父の家で過ごした夏休みを思い出しました。もちろん、こんな豪華じゃないけどさ(笑)。
d0123346_915296.jpg
「こんな家に住みたい~」と、つぶやくG君。「そりゃ、誰だって」、と、Bさん(^^;)。


せめてもの記念にパチリ。
d0123346_85765.jpg
時代劇のような写真に大喜びしたG君でした^^。扇風機がじゃまだがなぁ(爆)。

どのくらい座ってたでしょう。空いてたのをいいことに、ぼけーっと随分、長くいたかも。このままだと、暗くなるまでいちゃいそうなので、立ち上がりましたが、居心地良かったなー。秋もいいでしょうねえ。また行きたいですぅ。



この後は特に目的もなく、その辺をうーろうろ。

谷根千といえば、

寺と。
d0123346_10162238.jpg


和もの。
d0123346_9254235.jpg
:履物や


d0123346_926093.jpg
:紙や


d0123346_1082281.jpg
:佃煮や


お茶。
d0123346_9263477.jpg
:アンティークものだらけのカフェにて一息中。



さらには、買い食いですわね^^。
d0123346_9261637.jpg
:1枚70円。どれにしようかな、と♪


人が並んでると、つい欲しくなる~^^@肉や。
d0123346_931854.jpg
d0123346_933024.jpg
以上、下町谷中の商店街の風景からいまひとつ浮いてたような気がする二人でした^^;。


次回のエキゾチック・ジャパン・シリーズ(?)は、G君の箱根=温泉デビューだそうで。本気かよ?という感じですが、さて、どこに連れて行ったもんだか。

More 谷中といえば。。。
[PR]
by koru2007 | 2007-09-06 09:20

宿題

ぼやぼやしてるうちにすっかり涼しくなりました^^。

今年は夏の暑さを心行くまで堪能させてもらったので、オーブン物や煮込み系にも手を出そう♪という気分にさせてくれる秋の到来はしみじみと嬉しゅうございます。


が、その前に夏休み中に(=8/31までというイメージ・笑)、自分の中で取り組んでいたものがございまして。
d0123346_18483272.jpg
↑宿題1: 日当たりの良すぎるリビングのガラスに気休めのUVコーティングを塗る(済)。


それらの宿題がやっと片付きましたので、今日はその宿題の顛末をば。
d0123346_18484272.jpg
↑宿題2:食い物を植えるベランダの緑化に取り組む(済)。


上記以外の宿題としては、まんず、チーズ部に取り組みましたっ。

いろいろと買い食いはしてたんすけどね。
d0123346_18543183.jpg
おなじみのモチクリーム。黄色いのがチーズ。ちゃんとチーズの味がしまして、感心しました。が、個人的にはお饅頭に入ってるなら和物の中味(黄な粉と紫芋のが美味かった♥)の方がいいかなー。


d0123346_18544362.jpg
↑と、お外(中野)で食べた四種類のチーズのピッツア。上にたらり、とかかってるのは蜂蜜だそうで。ブルーチーズの味がかなりしっかりするピッツァだったので、よく合ってました^^。


で、自分でも何か作ろうと思ったのだが、とにかく暑い・・・。

ので、火を使わない、爽やか&やわらか系のチーズケーキを作ることに。
d0123346_18545493.jpg
ダイジェスティブ・ビスケット(台用)もホイップクリームも豆乳入りで気休めの健康(笑)。


ビスケットをバリバリと叩き潰して、溶かしバターと混ぜて敷き詰め~。
d0123346_1855488.jpg



クリームチーズ、サワークリーム、豆乳入りクリーム、砂糖等で出来た生地をのっけて冷蔵庫に入れるだけ~。
d0123346_18552553.jpg



d0123346_19555320.jpgキンキンに冷やして完成~。
d0123346_18553541.jpg
豆腐じゃないよ(笑)。ゼラチンも卵も入ってないし、火も入れてないので、とろとろなのです、ふふふ^^。

いただき物の葡萄をお口直しに添え、葡萄と合うに違いないバルサミコをたらーりかけたら、さらにさっぱりして、夏によろしい感じとなりました~、てへ。


では。今月のチーズ部、部員殿の活動報告です。

ロシアンつながりでもあるwasanegiさん(@ちんから峠)が、なんと、私が以前ご紹介した丸パンを使って、部活動をやってくださいました

お品書きは大胆にもブルーチーズのざっくりしたカタマリをそのままがばっとパンに仕込むというもの。チーズ好きなら想像しただけで、よだれが出そうな代物です。とてもおいしそうなので、皆さんも是非、wasanegiさんちへGo! パンの写真とともに、美しいわさび嬢と、ファンキーなねぎ氏の様子も楽しんでくださいまし。

wasanegiさん、いつもありがとうございます!(紹介が遅くてすみません)。

涼しくなると、チーズもますますおいしく感じられますね。おいしいチーズ物を見つけた方、作った方、是非、ご紹介くださいまし~。


+++


次。

たまには?おいしいものを食べに出ようということで、長期休暇恒例(それ以外にももちろん行くが)、とある中華屋@近場に。
d0123346_19101025.jpg
中華料理屋ということになってますが、カウンターが中心。ぱっと見、バーのようかも。BGMはいつもジャズだしね。

通い続けて、早10年。サンディエゴあたりには絶対に存在しないタイプの店なものですから(苦笑)、帰国した次の日に直行。「おかえりなさい」と、言ってもらって、自分の国って、やっぱ、いいワ、と。。。こなれた年齢の客が中心のこの店、行き始めた当初は、自分らが場違いに若いと思ったものでしたが、いまや、すっかり馴染める年にはなりました^^;。


急に予約を入れたもので、厨房とのおしゃべりも楽しいカウンター席は満席(↑閉店時間間際の写真)。今日は奥のテーブル席でスタート(=写真が暗い。。。)。

まずは前菜の盛り合わせ。
d0123346_19143898.jpg
左から茄子の揚げ浸し、湯葉ハム、くらげ、腸詰~。


だいっ好きな、うにと地卵のフワフワ炒め。
d0123346_19144860.jpg

d0123346_19145690.jpg
ほんとーにふわふわの卵の中にあまーいうにが贅沢に入ってます。のりがいいアクセントなんです。


和牛サーロインと白まいたけの炒め物。
d0123346_1915790.jpg
d0123346_19161479.jpg
火の通し加減が絶妙♥。ピンク色の肉の芯がうまく写ってなくて無念。


白きくらげとアスパラ、いんげんの塩炒め。
d0123346_19162196.jpg
写真が暗くて残念ですが、きらきらしたとても美しい一皿でした。


カウンターが空いたから、おいで、と言われ、食事の締めの翡翠麺をいただきました。
d0123346_19163394.jpg
d0123346_19164450.jpg
たっぷりのねぎの下には、こしこしした麺がいらっしゃいます。スープがまたおいしんだなっ。


そして、コレを食べずにはこの店から帰れない。
d0123346_1917329.jpg
杏仁豆腐です。ふるふるです。私はこの店で杏仁豆腐のイメージが180度変わりました。。。豆腐自体はさっぱりめのお味ですが、甘酸っぱぁい、フルーティなたれとの組み合わせがたまらん。こちら、器もすてきなものをお使いで、小物使いや盛り付けもおしゃれで勉強になるのですけど、↑これは例外。B用にはいつも大盛りにしてくれるからです^^;。マスター曰く、下品で嫌だけど、サービスだから仕方ないんだそうだ(笑)。


というわけでこの日もうまかった。繊細なのに、濃淡のあるパリッとした味の中華に萬歳♪。絶対に自分じゃ作れないものを出してくれるので、毎度、満足感高し。次はいつ行こうか、と、帰る道々、考えてしまうのが欠点でしょうか、ね。

More 殿のライバル。。。
[PR]
by koru2007 | 2007-08-30 19:51

食べて勝つ!--- 先週、食べたもの(の一部)

せみがうるさい頑張ってる今日この頃ですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

なんか、いまだにひぐらしじゃなく、みんみん蝉が騒いでるなんて、日本も今にこうなるのでは。。。。
d0123346_14553296.jpg
(↑アブダビ in UAEの砂漠; B撮影)

と、思わなくもないような過酷な今年の夏ですが、都心からはるか遠い海っぺたのここらはお盆頃からやっと朝晩は涼しくなってきました。今日は風があるため、室内の最高気温も久々に28度どまり。
d0123346_158418.jpg
暑さに強い(たぶん)、うちの猫も風に吹かれて、このように昼寝をしております。昼寝の合間に追いかけっこのお誘いもあったりして、殿は元気ですよ(ご心配してくださった方、ありがとう)。ダブルコートの暑苦しい内側の毛は今も毎日すごい勢いで抜け続けておりますが、ね(↑毎朝、掃除機かけても、シーツが灰色に^^;)。


ありがたいことに、我が家は今んとこ、誰も夏ばてしてませんけど、こう暑いと料理はうっとおしい。でも、負けてたまるか?ということで、ひたすら食べ続けたお盆休みでした。他にネタもないし^^;、今日はその記録をば。



お盆休みの初めの頃はまだいきおいがあったんですよ。だから、都内でちょっと気の効いた和食やに行こうと思って、のこのこ出かけたら店は盆休み(調べろよ)。
d0123346_15172619.jpg
仕方ない?のでね、入ったのがこのカレー屋@紀伊国屋書店新宿本店の地下。やっぱ、夏はカレーでしょ、というよりもですね、新宿に行くとこの店に自動的にBが入ってっちゃうんですワ^^;。


というわけで、Bさんが20年以上、食べ続けてるカツカレーです。
d0123346_152134.jpg



ワタシは毎度、テキトーに注文。この日はシーフード。
d0123346_15252426.jpg
d0123346_15253481.jpg
サラダつき、ジュースはメニューによって付いたり付かなかったり。だいたい700-800円くらいかな。

ルーがさらさらなのがこの店の特徴らしい。正直言って、泣くほどおいしいとも思わないし(もちろんそれなりには美味しいけども)、安ーいとも思わないんだけど、ひっきりなしに人が入ってくる不思議なカレー屋です。2chに専用スレッドもあるらしいね。吉牛みたいなもんだろうか。。。
d0123346_15254379.jpg
有名人のサインもいっぱい(コレは一部)。蛭子能収と榎本明のが見えますか。舞台俳優さんのが多いのが場所柄かねえ(上に小劇場があるのです)。

地方出身のワタシにとっては、すっごく新宿っぽいお店です。またか、と言いつつ、死ぬまでに(笑)まだ、何十回も行くんだろーな。既に10年以上通ってるし^^;。とりあえず量は多いので、満足感はしっかりある一食でしたっ。



次。

叔母の家の近所に美味しい焼き鳥屋があるというので並んでみた。

こういう渋い張り紙には弱いのだ(笑)。
d0123346_1628352.jpg
奥の方にある金の招き猫とだるまもいい味出してました。


暑いのに一生懸命焼いてくれるおかあさん。
d0123346_16284443.jpg
d0123346_1629138.jpg
お盆で仕入先がお休みとかで、この日は普通のとり肉とつくねしかなかったけど、炭の香りが香ばしくて美味しかったでーす。待ってる間におかあさんと世間話をするのも楽しいのよね。また、並びに行こーっと。



もちろん、うちで料理をした日もありました。

夏ばて対策と言えばねばねば系、ということで、材料はこういうの。。。
d0123346_1613167.jpg



他には、お味噌をあぶって、香りを出して。
d0123346_1614148.jpg



だしだけはしっかり濃い目に取りました。
d0123346_1615140.jpg



できたのはこれ。冷汁です。
d0123346_162057.jpg
あぶったお味噌を出汁でのばして、ねばねば系以外にも青じそやネギ、みょうが等々の香味野菜をたっぷり入れました。キンキンに冷やしたのをごはんにぶっかけると(玄米飯に合うんだ、コレが)、食欲なくても、結構、食べられちゃう。宮崎ほど有名じゃないけど、うちの方でも夏場は冷やした味噌汁を食べます。なので、これは懐かしの味でもある、ということで^^。



さらなる食欲増進には、大好きな酢っぱモノも♪

土用干しを終えた立派な梅干が実家から到着しましたのでね(かあちゃん、ありがとう)。
d0123346_1672955.jpg
↑巨大さがわかりますか^^;。


またも、おくらと叩いて合わせて。みりんとお醤油も足して。
d0123346_1673993.jpg
変わり豚しゃぶざんす。昨今話題のこの本を参考にさせていただきました。著者の方のブログのひそかな愛読者でもありましたので^^。


この本からはもう一品。夏向きのうなぎ飯も。
d0123346_1674851.jpg
でも、材料は家にあるので適当に作ったので、イマイチ、ぶす(笑)。しば漬なかったんで、茄子を塩もみして、梅酢をぶっ掛けて使ってます^^;。他に入ってるのは、みょうが、ねぎ、ごま、錦糸玉子、きゅうりの塩もみ、山椒、等々。

うなぎと梅干、食べ合わせでいろいろ言われてますけど、今の時代ならOKじゃん、というのは発見だったなー。うなぎなのにさっぱり食べられてナイス! Bもだまされて、なす食べてたし、野菜も多少食べられていいですね。我が家の夏の定番入りするでしょう~。


夏ばてに効くという蜆汁も一緒に飲んだので。一応。
d0123346_1675691.jpg




あと、他にもちょこちょこっと酢っぱものー。
d0123346_15374688.jpg
例の生協の有機野菜セットにラッキョウが入ってたので、こりこりっと甘酢漬けに。


恒例のサワドリちゃんも仕込みましたよ。
d0123346_15375713.jpg
今回は定番のオレンジでいってみましたー。


近所のスーパーで湘南サイダーなんちゅうのを見つけたので、このサワドリを割ってみた。
d0123346_15522092.jpg
が、味が普通になってしまった(笑)。どうでもいいけど、このサイダー、山の方で作られてるんですね。不思議だったわ。まぁ、大きなお世話だろうけど。。。

More 増進する必要はない。。。
[PR]
by koru2007 | 2007-08-21 16:53

暑気払いでGo!

残暑、で、ございますわね。

7月中は、日本の夏、意外に涼しいじゃん、とかって、思ってた気もしますが、エアコンのない生活を3年間続け、汗腺が開く機会の少ない生活を送ってきたわが身には近頃の焦げるような暑さ、そして、融けるような湿気はなかなか^^;。



d0123346_18545743.jpgおまけに、今、Bが夏休み中=エアコン全開になった途端に、おんぶしたがる湯たんぽ→。




暑ひー。

マジに熱い。

お前の方があたしより体温高いっちゅうに!

背中に汗もが出来そうな毎日を過ごしておりまする。




なので、暑さを吹き飛ばすべく、すごく暑そうなところへ行って来ました^^。
d0123346_15551687.jpg
沖縄です!


というのは嘘で(^^ゞ、行ったのはこちら。
d0123346_15555679.jpg
暑苦しい色の宝庫(天気が良すぎて、色が飛んでるし^^;)、横浜中華街にまたも行ってまいりました♪。


中華街自体は暇があると、ふらふらと買物に行く機会も多い神奈川県民のワタクシですが、このお盆休みの時期、全国各地からお見えになる観光客の方々と競って?彼の地に行ったのは、サンディエゴ時代の友人、C嬢が里帰りのついでに、と、わざわざ会いに来てくれたからです(ありがとう!)。
d0123346_1631232.jpg
美女(本当です)登場!


普段は中部エリアにお住まいのC嬢。滞在時間は新横浜(=新幹線駅。周りは何もない)からの移動時間を入れても6時間あまり。横浜にはあまりご縁がなかったという彼女を連れて、まずはお昼ごはんを食べに中華街に駆け込んだのでした。
d0123346_1665073.jpg
というわけで、カンパ~イ&いらっしゃ~い♪


お連れしたのは、中華街の隅っこにあるおこげ料理と飲茶のおいしい小さなお店。
d0123346_168757.jpg
↑このお店ご自慢の海鮮おこげ。


d0123346_1681624.jpg
↑翡翠小龍包。肉汁がたっぷり^^。


d0123346_1682522.jpg
↑あわびのスープ(でも、そんな高くないのよん)。海鮮出汁がよく出ておりました。


地味な店ですけど、お料理はどれもちゃんとしてまーす。

一応、予約の電話をしたのですが、開店時間のちょい前に電話したら、『ワタシ、ニホンゴ、ワカラナイ。カケナオシテ。謝謝(ガチャッ)』みたいな(笑)。

でも、サンディエゴでアメリカ人の味覚に合わせたやたら甘辛い味の中華を食べさせられ続けた我ら二人には、そうだよ、中華って、こうだったよ、みたいな薄い味つけがおいしゅうございました。C嬢にも気に入っていただけて良かったでーす。



お昼ご飯が終わったら、お土産を買いたいという彼女と一緒に、中華街をうーろうろ。

この地区ではもうほとんど見なくなってしまった古い民家を使ったアンティーク家具屋さんをのぞいたり。
d0123346_16192532.jpg



食料品店を見て、サンディエゴの中華スーパーを懐かしんだり。
d0123346_16201445.jpg



荒物やさんではおばあちゃんにいろいろ聞いたりして。
d0123346_16202539.jpg
中華街には業務用の調理用品店もありますが、つい、こういう店に引き寄せられちまうんだなー。へへへ。



炎天下を歩いて、のども渇いた頃に入ったのはこちら
d0123346_16205062.jpg
中国茶の専門店だす。

で、ちょいと試飲などして、いくつかお茶を買った後、ここで、文字通り、お茶してくことにしました。
d0123346_16321223.jpg
選ぶのがたいへんなくらい幅広いお茶のメニューの中から、説明をしみじみ読んで二人が選んだのは台湾産のお茶。C嬢は烏龍系の物、わたしは緑茶系の物(=うっとりするくらい香りが良かった♥)。


店内は古いものだらけで落ち着いた感じ。
d0123346_16344213.jpg
アルコールランプにお湯の入ったポットをセットしてくれるので(おかわりもくれます)、すごーくのんびりお茶がいただける店です。


お茶うけに注文したのは三色蜜豆。
d0123346_1639010.jpg
寒天にカラフルなお豆たちが閉じこめられています。甘過ぎずよろしい^^。


この日はサービスデーとかで、肉まんももらっちゃいました。
d0123346_1638716.jpg
いっぱいだったお腹がさらに満々になってしまいました^^;。



さらなるお土産を求めて、ちょと中華街らしくないお店にも。
d0123346_16505547.jpg
ロールケーキの専門店です。この店のロールケーキは、んまーい。ちと高いがな。

が、生クリームをガッチリ使ってるため、お持ち帰り時間は二時間が限度と言われ、その場で食べるにはお腹がいっぱい過ぎたし。。。というわけで、泣く泣く断念したC嬢でした。残念!



そして、どんどん新幹線の時間は迫ってまいります。みなとみらい方面にも行けたらなんて思ってたのですが、全然キビシー。が、せっかくだから、そのまま、隣接する元町商店街へ寄りました。
d0123346_16544642.jpg
こちらの商店街は文明開化時代(笑)の外国人居留地(=現在の神奈川一コウキウ住宅地)のお膝元にあり、むかし一世を風靡した、ハマトラの本拠地ということになってる所。今も海外の有名ブランドの支店と一緒に、この地が発祥のブランドの本店が並んでおりまーす。
d0123346_1765140.jpg
↑Kマークで関東では有名なキタムラも横浜元町が発祥。

がさつなワタシはエレガントなハマトラ系のファッションにはあまり縁がないのですが(小声)、上品なお洋服をいつも清楚に着こなしておられるC嬢には非常に喜んでいただけました。次はゆっくり買い物の時間を取りましょう!



というところで、ブー♪ 時間切れとなり、新横浜@新幹線ホームでお別れ。

次はもっとゆっくり出来るといいね~。中華菓子も、焼き豚も、中華麺も買って、マンゴーのカキ氷も食べなきゃだし、港の見える丘公園と外人墓地にも行って、みなとみらいも歩かないと^^。

Cちゃん、再会を楽しみにしてるよー。次はあたしが名古屋に行くから、よろしくねん♥

More 実はまだ。。。
[PR]
by koru2007 | 2007-08-13 16:44

だって、暑いんだもん、あるいは、お散歩・さんぽ@その辺

いやー、あっちーですね。我が家は風が通るのだけが取り得。エアコンは窓を開けられない日(台風とかね)以外はほとんど使わないんですが、暑がりのBが騒ぎ立てまして、今日の昼はついに、本年度、初エアコンを使っちゃいました。エコの神様、ごめんなさいっ。

今もほぼ無風だねえ。。。気温が下がったんで、エアコンは消しちゃいましたが、関東って、まだ、梅雨、明けてないんですよね??? 曇ってると、余計、うっとおしいやね^^;。って、のっけから、ぶーたれてますけど、こんだけ暑いと、台所仕事はおっくうじゃございませんこと?、奥様方^^。要は今日の日記は手抜きの記録です(笑)。


昨日はお天気自体は良かったのでね、近場のお寺さんで開かれている骨董市を冷やかそうと思って、出かけてはみたんですよ。そしたら、その日は盆踊りとかで、市はなくってねえ。歩いて腹減ったんで、うちまで帰る気力もなく、お昼を外で食べよう、というのから始まったんですワ。

予定してたわけではないので、どこに行こうと考え、思い出したのが、以前よく行ってたこの小さなビストロ。
d0123346_18422779.jpg
これでも実際より広く見えるくらい。実際は立つ時に、他のお客さんに椅子を引いてもらわなきゃ通れないくらい狭い。テーブルは4卓のみです。


狭いのが逆に穴倉みたいで、とても落ち着く。
d0123346_18423980.jpg
20年以上、続いてるお店と聞いてます。個人のおうちのようなインテリアで、よく見ると、面白いものが飾ってあったり。


が、お料理は本格。
d0123346_18432236.jpg
パンもハーブも自家製。使い込まれたカトラリーも結構好き^^。


ランチのセットを頼んだんですけどね、これはBのスープ。青じその冷製。
d0123346_18425140.jpg
青じそをビシソワーズのようにするなんて考えたことがなかったので、とても新鮮でした。さわやかな夏らしいお味。あ、写真を撮る前に飢えてたBが一口飲んじゃったんですよ、ごめんなさいましね^^;。


これは私のオードブル。かつおのサラダ。
d0123346_184322.jpg
かつおはよくうちでもサラダ仕立てにして食べますけど、バジルのソースとこんなに合うと思わなかった。真似してみようと思いますた。


私のメイン。タンシチューだす。これを食べたくて、私はここに来るのだ。
d0123346_18571972.jpg
ご覧のとおり、飾り気のないお皿ですけどね。ワインの効いたソースが、「ああ、おいしい」と、今回もしみじみ(喜)。ついでに言うと、このデミグラスソースのかかったオムライスもおいしいよ^^。


Bの鴨。
d0123346_18573358.jpg
正しい焼き加減。くどくはないが、味はしっかりあります。玄人の味付け。自分じゃできませぬ。


このお店のランチはデザートも魅惑的。
d0123346_18574691.jpg
お飾りじゃなくて、しっかり食べ甲斐のある量で来ますから。もちろん、タルトもシャーベット(右端)もここで作られたもの。フランス菓子らしくバターのきいたしっかりしたイチジクのタルトが特においしゅうございました。

昼のセットで1500-2000円前後が中心(コーヒー、デザート混み。3000円前後のおまかせコース等もあります)。今日もごちそうさまでしたぁ。
d0123346_1858388.jpg
d0123346_18591333.jpg
どれだけ、この店が狭いか、、、中で会計をするスペースもないくらい狭いの(笑)。が、この日も入れ替わり立ち代り、買い物帰りっぽい人が入ってきて、ずっと満席でした。

興味のある方はココですのでどうぞ。派手さはないけど、奇をてらわない&コストパフォーマンスの良いフレンチビストロ。海沿いのカフェなご飯に物足りない人にはお勧めかなー。



で、ちょっとうろうろしてから、うちの方に戻って来たんすけどね。まだ日が出てるしー、珍しくも夏の昼間の海になど。
d0123346_1914084.jpg
サーファー氏も家路に着く夕方~。


一応、ライフセーバーもいるんだねー。
d0123346_1915467.jpg
d0123346_192687.jpg
夕方で海の家も閑散。


なぜか、太極拳。。。
d0123346_1921633.jpg
ココはどこだ、上海か^^;。


最近、出来た海沿いのバーにてカクテルをお試し。
d0123346_1922621.jpg
のどが渇いてたので、おいしゅうございました。


これまた新しく出来た雑貨屋をのぞきつつ、
d0123346_1923576.jpg

d0123346_18583438.jpg
いつも人が並んでる手作りアイスクリーム屋にも寄り道。

この夏もどっこにも行く予定はないっすけど、気分だけでもリゾートというか(汗)。

留守にしてた3年間で、うちの近所はかなりお店が増えた気がするー。夏休みは暇つぶしに回ってみようかなー。あちーけどなー^^;。

More 実はさらに。。。
[PR]
by koru2007 | 2007-07-29 18:53

えきぞちっく・トーキョー

関東に上陸する台風としては、史上最強予定だった4号、南関東に関しては、さっさと行っちまいましたね。やっぱり、関東に来る台風って大したことないな、と思った私は九州の出身でーす(被害を受けたエリアの方々にはお見舞い申し上げます)。

が、そうは言っても、この連休、強い雨と風(と、予報から来る台風のやばそうなイメージ)に振り回された方@関東は多いのではないでしょうか。

実はあたくしもそのひとりでして。台風休みが年に何度もある地域で育ちましたので、大型台風という奴には幸か不幸かかなり免疫がありますが、先週からアメリカでの知り合いが日本に来てましてね。連休は東京観光をしたい、と、言われてたものですから。正直、暴風雨の中、何をしたもんだか、頭を抱えてしまったというわけでした。

が、その彼、日本は五回目とはいえ、今までの来日はほぼ仕事だけ、せいぜい買い物をしたことがあるくらいのもんで、今回の観光をとても楽しみにしてたことは知ってましたので。

連休をひとりでホテルで膝を抱えて過ごすよりは、日本の強烈な台風を味わった方がまだ思い出になるだろう?と勝手に決めまして。とりあえずは暴風雨の中、悲壮な覚悟で電車に乗ったのでありました(従いまして、今日の写真は携帯と安コンデジ、また、あたくしの身なりはすぐ乾くヨガパンツとビーサンですけど、悪しからず^^;)。


当日、あちらこちらの駅にはこのようなサインが。。。
d0123346_10513518.jpg
場内放送では次々に○○線が止まったとか言ってるし^^;。帰りは大丈夫かなと思いましたが、もうこうなったら、行くところまで行ったれ、と、彼の滞在してる新宿のホテルを目指しました。着いた時には横殴りの雨で既にどろどろ。。。


が、次の日、帰国するというので、ちんたらしてるのももったいなく。雨に濡れない所、ということで目指したのはこちら。
d0123346_10515649.jpg
そうです、歌舞伎座でござんす。

お客人は建築マニア、あたしは伝統芸能、ってやつが嫌いじゃないものですから。双方の利害も一致し、コレ幸い、と♪

この日の演目は蜷川さん演出、尾上菊之助主演の十二夜という超人気のものでしたが、なんせ、台風だから、幕見席もいつもよりは空いておりまして。こうなると、台風も悪くないねー^^。

d0123346_10521035.jpg←観劇後、即、歌舞伎に影響されたフツオ(仏男・仮名)くん(笑)。

歌舞伎座の建築にも喜んでおられましたが、大向こうの「トヮヤッ(音羽屋)!」っとかっていう掛け声も興味深かった模様。

あと、席で皆がパクパクとお弁当を食べていたのは衝撃だったらしい。あちらの劇場内だと考えられませんもんね^^;。

今日のお芝居は原作、シェイクスピアだから、とっつきやすかったんでしょー。歌舞伎デビューは楽しんでいただけたようでした。


能にも興味があるようなので、次回は能かなー(また、秋に日本に来る予定なので)。


歌舞伎が終わったら、次も屋根付きの場所に行こうと思ってたんですけどね。なんか、雨がやんできたんで(喜)、自分らの行いの良さを称え合いつつ^^、ここぞとばかり、外人観光客の東京本命スポットに突撃いたしましたー。
d0123346_10533789.jpg
浅草、で、ございまーす。


日本のお寺デビューのフツオくん、お手水に興味津々。
d0123346_11105550.jpg
何もかもが珍しいらしく、手を洗うのも楽しいようで^^。

d0123346_1054578.jpgおなじみの浅草寺のお線香の煙には
???。。。


悪いところにかけると治るんだよーと教えたのですが。。。
d0123346_10542381.jpg
。。。顔にかけてるし^^;。あたいの英語が間違っていたのかひら(爆)。


お参りがすんだら、仲見世をうろうろと。
d0123346_10543944.jpg
極彩色の世界にわくわく。。。

で、今、ダイエット中だから、おやつは控えてるって言ってたんだけど、お菓子の殿堂、仲見世ではころっと意見を変更。特に実演ものには弱いようで。
d0123346_10545518.jpg
人形焼を買い、おせんべいを買い、舟和に寄り、お抹茶入りのジュース(色が綺麗だからと言い訳(笑))を買い食いするフツオ。。。
d0123346_1055764.jpg
d0123346_10553167.jpg本人の名誉のためにもうしあげますが、この人、デザイン関係のお仕事をされてまして。

実際は仲見世から外れたところにある手ぬぐい屋、のれん屋、組みひも屋、扇子屋、等々、外人さん向けのお土産レベルじゃない、日本の伝統工芸品を非常に熱心に見て、その繊細な美しさに感嘆。

仕事の参考にもなると、購入もされておられました、はい。



d0123346_10555842.jpg日本はエキゾチックだと喜色満面のフツオを連れて次に向かったのはこちら。

両国の江戸東京博物館、です。

一緒にお江戸日本橋を横断中(笑)。

建物好きのフツオ君を本当はいろんな建築に案内してあげたかったんだけど、まだ、小雨、降ってるし、というので、実物大のモデルも多いこの博物館に来たわけであります。


この博物館は実際に触われるものがいっぱいあって楽しいのよね。

というわけで、和室に座り、火消しのまといを振り回し、肥桶をかつぐフツオ君でした。。。
d0123346_10493896.jpg
彼が最後に何をかついだか、は、説明するのを忘れました。ははは^^。

あ、もちろん、ここでも、笑いを取ってくれただけでなく、江戸時代の街のミニチュアモデルや、クラシックな日本画をしみじみと堪能されておりましたので、念のため。



で。新宿に戻りましたー。まだちょっと早かったので、伊勢丹にご案内。

そうそう。伊勢丹地階のフランスものの充実度に驚いておられましたよ。特にジャン=ポール・エヴァンはパリでもベスト!と力説されておられまして。並んでも食べる価値はあるそうな。特にチーズ入りは美味いからだまされたと思って食ってみろ、だって。チョコレートが苦手なチーズ部部長、製菓用チョコ以外、ほとんどチョコ買ったことないけど、チーズ入りなら食べてみたいなー。今度、行列に並んでみよーと思いまーす。


その後、ちょいと漆器のお買い物に付き合った後はお夕飯です^^。
d0123346_10563530.jpg
d0123346_10565173.jpgまぁ、わかりやすいところで天ぷらに。

両国でちゃんこもいいかなと思ったけど、Bが鍋なんて嫌だと強硬に主張するもので(Bは煮た魚介類が食べられないの。。。)。



このお店、おまかせでも割とリーズナブルなので常に行列してる天ぷら屋さんなんですが、この日は台風のおかげでラッキーにも当日、予約が取れた次第。ありがたや、台風様。

←↓天ぷらの鮎が起立?してるのに感動中。
d0123346_10573197.jpg



旬のものを美味しくいただきました。
d0123346_10574575.jpg
カニの爪と帆立ちゃん♥。

お料理上手のフツオ氏も絶賛の大アサリの変わり揚げ。
d0123346_13212137.jpg
しょうがの利いた具が詰まった貝殻の中味はアサリのだしがよく出てて、うまかったっす。

他に季節のお野菜等々も出てきて、最後のアナゴとえびのかき揚をご飯と食べる頃にはおなかがいっぱーい。
d0123346_1058334.jpg
日本で初めて天ぷら屋の天ぷらを食べたフツオ君、味もさることながら、東京の古いお店らしい親切で気が効いた年配の従業員さんたちの態度や、置いていたフランスワインがきちんと天ぷらにふさわしいものを選んであること、等々にも感心した模様。

喜んでもらえてよかったワ。


案内したこちらもラテンの子、チャーミングなフツオ君との東京見物はなかなか新鮮でしたし、久々に大好きな下町方面に足が伸ばせて楽しゅうございました。やっぱ、東京は古いエリアが楽しいな、と。時代小説好きなもので、ひひひ。

帰国後、重かった腰を上げるいいきっかけももらったかもしれぬ。さて、次はどこに行こうかな~♪。
[PR]
by koru2007 | 2007-07-17 07:20

るるぶ神奈川・山梨 東名編

平日に箱根・小田原方面をうろついた後、週末は富士山方面に。

前回までの運転手は叔父がしてくれていたのですが、今回はB。従いまして、出発は昼(笑)。まずは昼ごはんに向けて、ドライブが始まりました~。


両親が叔母の家で朝をしっかり食べてきたということだったので(親は猫に遠慮して、近所の叔母の家にほとんど泊まってたのでし^^;)、軽いものがいいとのことで。二宮のお蕎麦屋さんにご案内です。
d0123346_1252916.jpg
興味のある人のために説明すると、イチコクとオダアツ二宮インターの間を抜ける道沿い@普通の住宅地の中にある小さな店です。前、いた会社のぐるめなおじさんに連れてきてもらって以来、気に入って、通っておりましたが、、、今、調べたら、随分、評価の高い店になってるようで(=ある口コミランキングでは神奈川で蕎麦の一番うまい店)。一番かどうかは存じませんが、私もおいしいと思いまーす。西湘方面に行かれる方、ちょっと寄られるとよろしいかもしれませぬ。


食べましたもの。Bさんの三色かき揚せいろ。
d0123346_1254459.jpg
ちょっとつまみましたが、具の味が凝縮された美味しいかき揚。




ワタシはここの鴨南蛮(これは冷やし)が特に好きなので3年ぶりに。
d0123346_1255932.jpg
やっぱ、うまかった。肉の脂が濃い目のおつゆ&打ち立ての蕎麦とよく合って、ね♪




サービスでおやつをいただいちゃいました^^。
d0123346_1261463.jpg
優しい甘さなり。



お蕎麦だけでなく、夜の懐石っぽいお料理も美味しかった記憶があります。お皿も和の凝ったもので、夜は目も楽しいかな。店内をよく見たら、掲載された雑誌のファイルがありましたが、ミセス、ダンチュウ、等々、随分、出てたのね。というわけで、ミーハーな方にもオススメ(笑)。あ、でも、お店のご主人も奥さまも清潔な感じで、落ち着いたお店でーす。



では、富士山に近づくべく東名を一路、西へ。って、既にでかでかと見えてるけどね(爆)。
d0123346_2135818.jpg



せっかくだから、もういっちょ^^。これは富士五湖道路のどこからか。
d0123346_2141450.jpg



ほーい、本日の目的地、富士五湖の一つ、山中湖&富士山だよーん。
d0123346_2144156.jpg

富士山はやっぱりきれいなお山ですね。うちからとは違う角度で見えるから新鮮新鮮。冠雪のアクセントもほどよく、裾野の緑とのコントラストにうっとりする一同でした~^^。


湖周辺の道もビューテホ~♥
d0123346_1283055.jpg
この辺は特に何があるというわけでもないとは思うのですけど(もちろん、富士山はよく見えるが)、春はいいねえ。森林浴気分のドライブが楽しめました。中途半端な時期だからか、道も空いてたし^^



次。何度もこの辺に来たことのある人間ばかりなので、富士五湖、全部を見ても、、、という話になり、うちに戻る方々、国道246近くのこんな観光地へ寄ってみることにしました。

私は初めて参りました。日本名水100選、日本の滝100選にも選ばれてるそうで。酒水の滝でございます。
d0123346_2152365.jpg
滝に近づく前、駐車場の側から、マイナスイオンが~。




滝への道も緑の道だったですよ。
d0123346_2153915.jpg
ここ数回のエントリーでバレバレだと思うが、私は苔好きでして(笑)。



滝はこれでーす。
d0123346_2161519.jpg
去年、落石があったとかで、すぐ下までは行けず、滝本体はうまく撮れんかった(無念)。が、とにかく木々の美しい場所でありました。246のすぐ脇にこんな清々しい場所があったとはという感じ。また、夏にでも是非、行ってみたいと思いまーす。



予定では、この後、さらに大山にでも寄って、豆腐でも買って帰るべ(名物なんです)、という話もあったのですが、ある店に夕飯を食べに行こうと決めていたので、すっ飛んで帰りました。

この店、本店は藤沢の北の方にありまして、開店前に順番待ちして、随分、通ったものですが(笑)、支店が出来て、そっちの方がまだ空いてると聞いたので。でも、開店と同時に行ったのに、支店の方もやっぱり並びました(ぶつくさ)。。。

はい、こちらがその藤沢茅ヶ崎方面で超有名な焼き肉や(の支店)でーす。
d0123346_2163936.jpg
d0123346_2165046.jpg
何がエライってね、安くて多いのよ!!!(爆)。で、泣くほど美味しいっていう類のしみじみ系の店ではないですが、肉の質も値段からみたら、恐れ入りましたの立派なクオリティだと私は思います(チェーン系の焼き肉店よりはだんちにうまいっすから^^)。


これは新メニューのビビンパ。
d0123346_217165.jpg
早速試してみたが、これはフツウだな(=写真ボケてるが^^;)




今回も安かったぜい。若いもんはおらんが、一応大人五人で。。。約7千円でございました(除く酒代)。あいかわらず、超絶安いのう。二人だと、割にすぐ入れそうだから、お肉が食べたくなったら、また行くでしょうな。まぁ、しばらくは牛肉はもういいというくらい食ったが。。。



親が帰る日の朝は、海にみんなでお散歩~♪
d0123346_1262360.jpg
d0123346_128094.jpg
地引網から生シラスを分けてもらって、朝ごはんは生シラス丼。で、羽田に送っていきました~。
d0123346_1281322.jpg
オトウサマ、オカアサマ、いろいろ&あちこち、お疲れ様でございましたー。でも、また来てねー。


そして、一番ご苦労だったのはこの方ね^^;
d0123346_8345923.jpg
人がいろいろ出入りして、さぞや、気を使ったと思われ。。。


しばらくは二人でまったり過ごしましょう、ね。よく頑張りましたっ。
[PR]
by koru2007 | 2007-06-04 18:12

るるぶ神奈川 箱根・小田原編

またか、と言われそうですが、2週間続けて、箱根に行ってまいりました。
d0123346_22145765.jpg
関所跡の駐車場にある歌碑。前を通る人が皆歌ってたのがおかしかったです^^



親が来てましてね。うちの出不精且つドメスティックな母は(この人は金もらってもアメリカになんて遊びに行きたくないと言い放った^^;)どこにも出かけたくないと申しておったのですが、姉妹なのに正反対の遊び人?の叔母(神奈川在住)がどこにも行かないなんて!、と主張しまして。結局、うちの母は叔母(&叔父)に先導されて、例のごとく観光三昧の日々を過ごしたのでした。。。(うちの父はいつもついて歩くのみ)。


遠くには行きたくないし、都内には興味ない(親戚が関東にいるもんで義理で10回以上行ってる^^;)というものですから、他に行くところがなくて。神奈川県民の最後の砦?、箱根にまた来たというわけです。うちの方からだと割と近いもんですから。。。



というわけでまずは定番の大涌谷
d0123346_22151324.jpg
この日は特にガスが多くて。目が痛くってねえ。気管支の弱いあたくしはゲホゲホと^^;。



が、おかげで(?)黒たまごはいい色でした。
d0123346_22152494.jpg
2個食ったんで14年寿命が伸びたということで^^。


久しぶりに大涌谷なんちゅう箱根のメジャーな観光地に来て思いましたのは、今、ここらに来る観光客って圧倒的に外国人の方なのねえ。平日なのに、エライ混んでましたが、聞こえる言葉はまず韓国語。次に中国語。そして英語。。。個人の日本人客はマイナーでしたワ。箱根がこんなにグローバルだったとは知りませんでした。。。



次。さらに続く定番観光スポット、芦ノ湖だす。 
d0123346_22153877.jpg
関所の番所跡から。



まぁ、皆、何度も芦ノ湖は来てるものですから。

猫@釣り舟屋をからかったり。。。
d0123346_22155163.jpg
d0123346_221602.jpg
コロコロに太って、毛並みも良くて、エライかわいい猫ちゃん達でございました。



いいおっさんおばさんが魚がいると騒いだり。。。
d0123346_22245553.jpg
。。。平和でしたワ。1日目は天気が良くて気持ちよかったし。





で、近くの箱根神社に移動。
d0123346_22164623.jpg



ここは緑がとにかく綺麗だった。古いからでしょうか(8世紀に創建されたそうで)。苔もよく(?)こなれてて。
d0123346_2217223.jpg
d0123346_22173693.jpg


芍薬もシーズンなようで見事でございました。
d0123346_22174715.jpg




さらに。ここまで来たからには、と、この時期、つつじで有名な山のホテルへ。

ご覧の通りの派手さ(このつつじ、アタシの背丈ほどもあります)。
d0123346_22175727.jpg
満開には微妙に遅かったようですが(写真は満開のところを撮りましたが)、おかげでタダだったぜい (^^)v



その晩は久々に箱根に泊まったりなんかして。

叔母オススメの部屋に露天風呂つきのホテルでーす。楓と竹林、小川に囲まれて、建物がありましてね。とにかく風景のヨロシイお宿でした。
d0123346_22183232.jpg


で、夕飯を食べ。。。
d0123346_22184851.jpg
釜で焚いた鯛めしが特にうまかったです(最下段)。



いくつかある風呂に入りまくった後は夜食にラーメンを食べ(=ホテルのサービス)。。。


腹減ってないよといいつつ、しっかり朝も食べた、と(笑)。
d0123346_2219397.jpg




次の日は雨。。。というか、どしゃぶり。

しかーし、雨にもめげず(笑)、歴史好きのとうちゃんのリクエストでザンザン降りの中、小田原城へ。
d0123346_22193179.jpg


が、真面目に展示を見たのは初めてだったので、意外に面白かったですよ。随分、大きな天守閣で、展示品もそれなりに充実しておりました。はい。
d0123346_22191765.jpg


甍が緑に映えて綺麗だったなー。
d0123346_22195069.jpg
なのに、最上階の展望台?は危険防止の金網が貼ってあって、景観台無し。なんと、情趣を解さないのだ、と1人でプンプン怒っていたのはワタクシでございました(笑)。


そして。今回の小田原城でとにかく印象に残ったのはこのオジサン(=駐車場の係の人)。
d0123346_22201478.jpg
カメラ目線で彼が口から出してるのは『紐』です(爆)。見てたら、次から次へと、口から紐が出てきまして。。。正直、かなりオドロキました^^;。

何をしてるかというとですね、我々がお城を見て帰ってくるのを待ってて、手品をしてくれたんですワ。駐車場に車を停めた時に、誰とでも盛り上るうちの母&叔母が大分から来ただの、ずっと来たかっただの(ほんとか?^^;)言ったからでしょうか。

もっと言うとですね、このおじさんは行く時は自分らの傘を使うと車が濡れるからと、傘をくれたんですよ、我々の人数分(=5本)。傘を車内で入れるナイロン袋つきで。。。で、帰りにはお土産に、とお菓子までもらっちまいました。。。

顔を出したのは、この方、テレビに出たというリスト(結構、出てました)の入ったお名刺をくれて、カメラを私が持ってるからと、いろいろとポーズもしてくれたからです(笑)。

うちの母や叔母はそりゃあもう大喜びでしたが、世の中にはいろいろ親切且つ面白い人がいるなぁということで^^。小田原城に行かれる機会のある方、オジサンを見かけたら、是非、声をかけてあげて下さいまし♪


この一泊二日の小旅行の最後はここらで一番美味しい、という人が多いコチラのとんかつで締め。
d0123346_22202716.jpg
d0123346_22203732.jpg
湘南?と言っても、随分、不便なところにあるのですが、常に混んでる有名な店です。土日は行列必至。今回もお肉はジューシー、衣はサクサク。おいしゅうございました~。


以上、怒涛の一泊旅行、箱根・小田原編でした。富士山方面日帰り編もあるんですけどね^^;。それも長くなりそうなんですけど。我慢して下さいね。うはは。
[PR]
by koru2007 | 2007-05-30 22:28

圏外デビュー

帰国後、一ヵ月半。やっと、近所から出ました。。。

行き先は。。。

d0123346_21251177.jpg


説明不要だよね^^。

ゴールデンウィークの横浜中華街。。。人、人、人、大通りのみならず、横道にもあふれる人、人、人。。。以上、終わり、という感じ(爆)。あまりの人込みに、いつも、お土産を買う焼き豚屋や中華麺屋、菓子屋に行くのも挫折しました^^;。

日本にいた時から、なるべく、土日には近寄らないようにしてたのに、なんせ、3年間、人とぶつかるような場所に全く縁がなかったもんですから(除くNY)。そりゃあ、もう、エキサイティングだったよぅ(笑)。



が、小さい時からかわいがってくれてる叔父叔母が上京しておりまして。神奈川に来てもらったからには行かねばなるまい!(ふん=鼻息)、の勢いで^^。大人数での中華は楽しかったです。


食べたあとは、彼らが泊まってるインターコンチに移動。

久々のみなとみらいは都会だった(笑)。

d0123346_21361750.jpg

d0123346_21372271.jpg

特に客室26階からの夜景は王様気分の美しさでした。ほら、海っつーのは夜、真っ暗、みたいなところに住んでた(あ、今も、か^^;)から。別世界感があったねえ。わはは。


客室では買ってきたゴマ団子をつまんで、皆でのんびりおしゃべりなど。
d0123346_21394026.jpg
年内には一度は大分に帰るからね、と。


人いきれでコーフン?した次の日は、くたびれたんで、こんな手抜きの昼ごはん^^;。
d0123346_21395079.jpg
d0123346_6341827.jpg


江戸清悟空にだけは何とか行けたので。あとは我が家の定番、暴々茶も買って来ました。


というわけで、旧交をいろんな人と温めまくった連休は終わり。なんだか、寂しいワ。毎日、日曜なのに、文句言っちゃいかんですが^^。
[PR]
by koru2007 | 2007-05-07 08:35

うまいとは聞いていた

湘南といえば、砂浜のイメージが強いかもしれないが、相模湾は今でも魚の獲れる漁場であり、この辺りにはいくつも漁港や市場がある。サーファーの人達が集まってる浜の真横にあるのは漁船や地引網、というのが真実の姿だったりするわけです。

d0123346_742856.jpg手前の砂浜では近所の部活の子達が走ってたり。

ちょっと深くなってるところにはサーファーが。

奥のさらに深くなってるところは漁港なわけ。














←田舎だなぁ、と、
いつも思います、はい^^。


したがいまして、ここらは魚を食べさせる店が少なくないわけでして。帰国してからも、何箇所かは行ったのですが。昔から前を通るたびに、ここって、なんだろう、と思ってた店が実はとてもおいしい魚を出すと聞きまして。ようやく予約が取れたので、その店に行ってまいりました。


何だろう、と思ってたわけはですね。その店の看板自体も大げさでなくてね。で、その看板の下によく小さい黒板が置いてあってね、生シラス、あります、とか書いてあるわけ。で、その場所というのが、住宅地の中のごく普通の一軒やなんですよ。だから、入っていいのかなー、っと。気が引けるというか。。。

d0123346_7583743.jpgで、行ってみたら、本当に普通の一軒やだった。入口はもう1個別についてるけど、おうちの客間みたいなところで食べるんです。

だから、予約は、昼、一組。夜、一組のみ。料理はこのおうちのおかあさんが仕入れから、仕込みを含めて、全部、1人で。




で、部屋も見た目は気取ってなくて、普通でしたがね。
しかーし、出てくる物が全く普通でなくて。感動して帰ってまいりました。


d0123346_83385.jpg何が普通じゃないって、ここで出る魚のほとんどがここのおかあさんが、毎朝、目の前の浜で漁師さんから直接買い付けた魚だということ。

なので、ここの料理は行くまで何が出るかわからない。

使ってる野菜もね、ほとんど、こちらのお庭の自家製。これ以上、新しいものはない、というものしか出てこないんですよ。



←この日のお造りは、ホウボウ、めごち、たこ。



お酒まで自家製でして。

d0123346_8114295.jpgずらっと並ぶ自家製の果実酒。スタンダードな梅酒から、レモン、かりん、山ザクランボ、ボケ、等々、その数、約20種類。
d0123346_841558.jpgわたしはブルーベリーをいただきましたが、色も綺麗だし、さっぱりした甘さでおいしかったです。



この日の品数は14種類(たぶん)。どれもおいしかったけど、特においしかったものなど。

d0123346_816576.jpg普通のひじきじゃん、と思うでしょ。でも、これ、生のひじきを煮付けたものなの。つまり、一度も乾燥させてないんですよ。自分の知ってるひじきと全く食感が違います。

一緒に行った友人が、人生で食べた一番美味しいひじき、って言ってたけど、あたしもそう思います^^。

もちろん、このひじきも前の海で取れたものです。

d0123346_8381176.jpg珍しい海葡萄もありました。



あと、この時期に忘れちゃならん! 春の湘南の風物、生シラスでございます。

d0123346_8254443.jpgごぞんじのとおり、シラスは鰯の子供なわけですが、最近はだいぶ漁獲高も減ってきてるとかで、いつ行ってもあるわけじゃないとか。

小さいですからね。すぐ傷むので、本来は浜の側でしか食べられません。冷凍した後のものを売ってたりもしますが、香りも食感も全然、違いますから。

つるつるっとコレを食べて、生きてて良かった(笑)と。
d0123346_8345630.jpg熱々の釜揚げシラスも出していただきました。

これを干すと普通のお店で売ってる状態のシラスになります。茹でたてのシラスは潮の香りがして、水っぽくなく、濃厚な味でした♪。

d0123346_8413894.jpg定番のかき揚げも。

さっぱりとしたゆかり(これも自家製)との組み合わせでしゃりしゃりっ、と、ね。♪。

d0123346_9123524.jpgさらに、シラスのからあげも。

一匹ずつ、えらを取って(驚)、揚げたんだそうで。。。

ってか、ここのお料理は本当に丁寧で、手間がかかってるの。身体がきついけど、相模湾で獲れた美味しい魚をもっと皆に知って欲しいから、つい頑張っちゃう、と語っていたおかあさん。

人に食べさせるのが本当に好きなんだなーと。お客としてはありがたいことですだ。


d0123346_8444083.jpgしめにホウボウ君、
再登場。

筍ご飯と、これまた自家製のおしんこといただいて大満足。

おかわりは、と、聞かれ、
もう、食べられません、
許してください、と(爆)。


おいしかったよ~(しみじみ)。でね。安いの。値段、書かないけど、驚くよ^^。

あたしの料理は漁師料理だとおかあさんは謙遜してましたけど。都内だと倍くらい取られそうな内容でしたね。

それにすっごく楽しかったし。

近海の魚を愛してるここんちのおかあさん、オサカナ教室のように相模湾の魚についていろいろと教えてくれまして。

d0123346_8492372.jpgこの道、26年。漁師さんとの関係が全てだそうで。

これまた、自家製のいりことシラス干しを片手に魚を熱く語ってくれました^^。

盛り上ってしまい、4時間もいちゃって。おまけに、おみやげに庭に生えてるジャスミンまで分けてもらって帰ってきた。ベランダで増やしなさいって(笑)。


もうすぐ、鯵と鯖が採れはじめるそうですよ、いひひ。

それも食べる気満々で、既に知り合いとの日程調整に入った私です^^。次もほんとーに楽しみ。毎月、行っちゃいそうで、かなりコワイですが♪
[PR]
by koru2007 | 2007-05-06 08:23