もぐもぐ・すやり

鉄の女

熱い鉄の血がとうとう押さえがたくなり(白状しますが、昔一人で、イギリスの鉄道に乗りまくり、しまいにはこんなところにまで行ったこともあります。すげーおもしろかったけど・笑)。。。ちょっと前っすけど、ついにデビューしてまいりましたっ。
d0123346_2245853.jpg
                         ↑ よろこぶ、アラフォーズ(爆) by 撮影:B

今、首都圏で一番人気の博物館でしょう。そうです、てっぱく@埼玉県大宮市であります。

開館後、すぐから行きたくて行きたくてしょうがなかったんですけど、即、行ったBさん(笑)その他周りからの情報では激混みということで、時を待っておりました。しかし、待った甲斐があったぜ。いやー、おもしろかったっす♪
d0123346_2252626.jpg
ひろくて開放感のある館内は鉄道がいっぱいデース。真ん中には見えにくいけど、SLもあって、定刻になると、ぼぼーっ!とものすごい音で汽笛を鳴らしながら、線路ごと回ってくれまーす。


実際に乗れる車両もありまーす。
(運転席に座れる車両がなくてちょっと残念。上に書いたヨークの博物館はほんと、いろいろ乗れて、超お奨めっす^^)

二人でぼけーっと上を見てるのは、、、
d0123346_2251441.jpg
そうなの、当時の広告がおもしろいんです。ちなみに奥の方に写っている方々は当時の服装をした乗客のお人形さんだす。
d0123346_225734.jpg
国電か、そうか、そういう時代もあったな、としみじみしたり。
d0123346_2253496.jpg
人生を語り合う二人(嘘)。でも、昔の風情ある木造の車両に座っていると、初めて電車に乗ったのはいつだっけ。寝台列車に乗ったのは大阪万博に連れてってもらったときだった。冷凍ミカンを食べた^^、などと、思わず、お互い思い出話をしてしまったり。。。


みなさん、JRの車両の腹に書かれているキハ、なんちゃら、とかいう記号の意味を考えたことがありますか。
d0123346_2252097.jpg
これがその答えなのでした。車両の種類によって、あの謎のカタカナは変わるというわけです。しかし、生魚だから、ナ、って^^;。


子供の頃の食堂車の楽しみはこれだったわー。
d0123346_2262199.jpg
ぷりん・ぷりん☆。意外に(失礼)おいしかったです。付設のカフェでは駅弁なども食べられまーす。



てなわけで。てっぱく、堪能しましたよー。写真は撮れませんでしたが、巨大なHOゲージのジオラマもすっごくよくできてて、おもろかったー。また、それを修理してる人が常駐してて、その作業風景もガラス張りで展示物?となってるのは、鉄&模型好きの血を騒がせる演出だとBさんが申しておりました、ははは。

しかーし、一番人気のシュミレーションは体験できんかった。開館と同時に並ばないと無理なんだそうで。あな、くちおしや。。。というわけで、次は早起きしてしっかりリベンジしてきたいと思いますっ!


楽しいですよ、てっぱく^^。あなたも鉄の世界にぜひいかが~(笑)。
d0123346_226961.jpg
あたくしどもは次は秋に飛行機の整備工場にまいりますよっ(予約済み・笑)。これまた楽しみでーす♪





一緒に行ったグルメのM嬢においしいお店にも連れて行ってもらいました。

赤坂にある韓国料理屋さんです。
d0123346_2263088.jpg
なんてことない小汚い(失礼)店なんだが、このキムチのつやを見よ!
d0123346_2272888.jpg

d0123346_2273572.jpg
チャプチェも(ぼけとるが^^;)うまかったっす。


しかし、特筆すべきは、やはりここの名物ソルロンタン(白いスープのこと)。
d0123346_2274252.jpg
しみじみじみ、と、おいしかったです。ほとんどのお客さんはこれだけを頼んでる模様でしたが(ごはん&前菜つき1570円)、納得いたしましたワ。
d0123346_2274938.jpg
韓国語が飛び交い、ハングルがちりばめられた店には次々とお客さんが入ってきてましたが(予約不可)、近くのニューオータニ等に泊まられる韓国の国賓の方もお忍びで来るそうな。

良い店を教わりました。また、しみじみしに行きたいと思いまーす。ありがと、Mちゃん^^。
[PR]
by koru2007 | 2009-06-12 22:43