もぐもぐ・すやり

つめの甘い人

いつも近所でごそごそしているので、たまには遠出。行った先はこちら ↓。
d0123346_20375854.jpg
東海道を下ってみたというわけです。実際は東名を使ったけど^^。


お目当てがあったんですね。
d0123346_20331234.jpg
創業1596年(慶長元年)の丁子屋さんです。1枚目の写真にあるように建物は今はこのままではないですが(でも渋い茅葺の建物でふ)、広重の東海道五十三次のモデルになった時代から延々と400年以上も続いている老舗のとろろ屋。そうです、鞠子宿(今は丸子、と書きますが)はとろろが名物なんですワ。


で、タイトルにあるとおり、、、定休日でした(大笑)。

ので、人によっては丁子屋よりこちらの方がおいしいという方もいる、丁子屋の隣の一松園さんへ、まぁいいか、と^^;。

丁子屋さんほどではないにしろ(←内外ともに一見の価値があると思いまふ^^)、一松屋さんもなかなかしぶーい建物でいい感じです。
d0123346_20381281.jpg
d0123346_20381998.jpg
サッシじゃない窓なんて久しぶりに見ました。ガラスもゆらゆらしてたり、模様が入ってたりして、昔の祖父母の家を見るようで懐かしかったですワ。


はい、とろろが来ましたよ。
d0123346_20383086.jpg
麦飯にたっぷりかけていただきましょう。
d0123346_20383736.jpg
だしがしっかりきいてて、なかなかおいしい^^。
d0123346_20384861.jpg
セットで頼んだら、きのこのおろし和え等のお小皿も付いてきました。デザートが丸のままのおみかんというのも気分でしたね。
d0123346_20524099.jpg
5人で一生懸命食べたけど、こんな大鉢、さすがに完食は無理^^;。
d0123346_20391870.jpg
でも、久しぶりに食べた麦とろはやっぱりおいしかったです。だし味のとろろが、麦にひっかかるような感じが好っきー^^。

大分で祖父母の家の山から掘ってくる自然薯を食べつけていた私には、この店のとろろは、結構あっさりしてるな、とも感じられたけども、これは田舎育ちの人間の独り言ということで小さく書いておきます^^。
[PR]
by koru2007 | 2009-01-31 20:39