もぐもぐ・すやり

かもし、かもされ

去年の春以前の3年間の日本の流行がすっぽり欠け落ちてる我が家。欠落部分を埋めるべく、帰国以降、懸命に追い上げてきたわけですが?、この夏、今更(笑)、うちで流行ったのがこれ↓。
d0123346_15353588.jpg
そうです、もやしもんであります。これがもやしもんのメインキャラ?の菌達だよ、ちびにんさん^^。


内容はほとんどの方はご存じでしょうし、お一人、一時帰国時に買うという方を存じてますので、詳しくは申し上げませんが、要は醗酵がテーマの農学部のゼミで繰り広げられるお話を描いた漫画ですわな。女子率の低い大学で、4年間理系の研究室に入り浸って過ごした私はああいう学内の雰囲気自体がすごく懐かしかったわけですが、それ以上に、心ひかれたのは、数々の醗酵食品についての蘊蓄。なんせ、いやしいもんですから^^


というわけで、前振りが長かったが(笑)、夏休みにただ単にビールが飲みたかっただけの知り合いを引きずって、ビール&酒蔵見学をしてまいりました~。
d0123346_1552439.jpg
行った先はこちら。今までは単に飲み食いしに行ってたわけですが、レストランを予約したお客さんには蔵を案内してくれると聞きこみまして、ね^^。今年度ワールドビアカップ金賞(日本のビールで唯一)等々、数々の賞を獲得している湘南ビールが作られる場所ですから。非常に楽しみに行ってまいりました。ここ自体、このように美しいところでもありますので。
d0123346_10213565.jpg
今回、我々が予約した和食のレストランの他にイタリアン↑もあり。このレストランのビールサーバーはビール工場から直接パイプでつながれてるのが自慢のようですね。ビール酵母を使った薪窯で焼くピザが有名ですが、ビール酵母はパンでも活躍というわけでパン屋さんもあるのです。
d0123346_10212458.jpg
自然がいっぱいの広い敷地内は穀物と酵母を媒介にした醗酵の世界が広がっているのでありました~。


で、この日、ここに一緒に行ったのはSDからただいま日本に駐在中のRちゃんとG君。都心の港区にお住まいの彼ら、湘南(ったって、ここは海からは遠いですが・笑)にデビューしに来て、ここに引っ張ってこられたというわけです^^。
d0123346_5575139.jpg
ホップとビール樽を前に熱弁を振るわれているのはなんとこちらの蔵元さん。登場された時は驚きましたが、非常に丁寧に&熱心にいろいろと教えていただきました。この方、ちょっと検索してもこんなやらあんなやら、いろいろ取材も受けられてる方ですので、顔を出させていただきました。
d0123346_1621610.jpg
ビールの元になる麦汁を飲ましてもらってるところ。あったかい麦茶のような感じ。これにこの後ホップを入れてビールにしていくそう。

この日、知ったのは、とても美味しいこちらのビールが意外に全国に知られてないのは、このビール、加熱処理をしてないので(=だから生きてるからうまいんす)、冷蔵でしか輸送できず、神奈川以外では一般の店頭では売られてないからだったんですね。。。というわけで、みなさん、神奈川に来たら飲んでみてくださいまし。社長さんの女性へのお勧めは上面発酵のルビーだそうですよ。


その後は日本酒の蔵に移動。
d0123346_1646296.jpg
完全に空調管理された蔵の中を見せていただきましたよ。やはり、ここでも、大手との違いは加熱処理をしないことだそうですね。今でもほとんどの作業は手で混ぜ混ぜしてやってるとか。酒造りの工程を実際にお聞きすると本当にたいへんですねえ。。。これからは心してこちらのお酒を飲まねばと思ったものでした(^^)ゞ。

もやしもんはこちらでも皆、読んでるそうで、話が盛り上がってしまい。1時間近くもお話を伺ってしまいました。長々とありがとうございました。


ランチは、昔はこの蔵とひと続きだったという建屋の中にあるレストランに移動していただきました。
d0123346_1648324.jpg
日本酒蔵の窓から見えるのがレストラン。
d0123346_16493821.jpg
実際の入口。なんちゃってでない古い建物はさすがに風格がありますです。中も重厚な造りで非常にカッコよろしい。そういうのが好きな方には一見の価値のあるインテリアだと思います(暗すぎて&フラッシュ焚きたくないので写真はなし。すんません)。


席に着いたら、これがあの丁寧に作られているありがたいビールかぁ、と記念撮影をし(笑)、
d0123346_16545351.jpg
地元で獲れたものと、こちらの農園で作られてるものを材料にデトックスをテーマに作られたヘルシーな御膳をいただきました。

旬の魚のカルパッチョを中心に、もずくの酢の物、豚とゴーヤのサラダ、湯葉おろし、ホタテと旬菜のお浸し、の前菜。
d0123346_16564553.jpg


主菜はみやじ豚のグリルと、さごしのスパイス焼き。
d0123346_16565452.jpg


発芽玄米のご飯と、汁物、香の物。
d0123346_165714.jpg


カスタードプディングと、おから(だったっけかな^^;)のケーキ、ライチのシャーベット。
d0123346_1657994.jpg
プレゼンテーションもご覧のように綺麗。デザートまで品の良いお味で美味しゅうございましたよ。


ご飯の後はうちに戻って、Wiiをしまくり^^。
d0123346_17185628.jpg
SDで毎日、海を見ていた彼ら、海の見える風景が懐かしいととても喜んでもらえました。


夕飯はまた、いつものところへ^^;。
d0123346_17212012.jpg
ここなら味もしっかりしてて、絶対にアメリカ人にも美味いはずだと思ってね。。。


毎度のお店なので、今日はお料理をアップにて。

うに玉。塩気の効いた水前寺海苔が良いアクセント。
d0123346_1719246.jpg


きゅうりのたたき。ママがメキシコ系の方であるG君、でっかいチリを嬉しそうにパクパクと(うまかったそうな)。皆で驚きました^^;。
d0123346_17193630.jpg


まこも茸と豚肉の炒め物。まこも茸はデトックスにいいんだよとマスター。この日はデトックス・ディだったようです(あんだけ、食っておきながら・笑)。
d0123346_1720218.jpg


初めて食べた鯛とアスパラのマスタード炒め。これ美味しかった~。酸っぱみと辛味と油分がバランス良くて。風味がしっかりついてるので、魚嫌いのG君とBもOKでした。
d0123346_17201343.jpg


締めはいつものこのコンビ:葱そばと杏仁豆腐。
d0123346_17195162.jpg

d0123346_17202515.jpg
いつもどおりにきっちり美味しくて。お客さま方も満足。こちらもおなじみのお店なので、リラックスして連れていけて、気楽で楽しく過ごせましたワ。


今、うち、ちょっと部屋いじってまして&G君は今回はこのエリアデビューということで、割と観光チックにいろいろ回って外食したんですけど、次はうちでごはんを出さなきゃね^^。SDでとても仲良くしてもらって、あちこち一緒に行った二人とこういう付き合いがまた出来るなんて本当に嬉しいなぁ、と思った夏休みの一日でしたっ。





みなさま、私がとあるものをこの冬、仕込んで、醸していたのを覚えてらっしゃいますでしょうか。

じゃじゃーん(笑)。
d0123346_17335299.jpg
そう、あたくしは真冬に味噌を仕込んだのでありました♪


あれから半年余り。時々、混ぜ混ぜしてきましたあたくしの手前味噌。この通り出来ましたよ!
d0123346_17345119.jpg
うちでもオリゼー達が大活躍してくれました。いひひ。味噌づくりって楽しいっすね(=もやしもんにかなり影響されている・笑)。


というわけで、味噌の料理、ひと品目じゃ。
d0123346_1736133.jpg
味噌の味がわかるものを、と。なすの味噌田楽ざんすよ^^(このところ食い過ぎなので、肉の代わりに、水を切った豆腐を生姜と炒めて代用してみた・笑)。


オーブンで焼いてできあがり。
d0123346_17373864.jpg
へっへっへ、悪いけど(誰に?)おいしいかも(=これが本当の手前味噌^^)。

味噌作り、ほんと、意外に簡単ですわねえ。。。来年は麦みそも作ってみたいな、甕の数が増えそう、だ、な♪
[PR]
by koru2007 | 2008-08-27 20:53