もぐもぐ・すやり

Small retreat

先月は1回も電車に乗らなかった。

地方にお住まいの方は、それがどうした、と思うかもしれないが(アタクシ、大分で汽車(笑)になんて、部活の遠征以外乗ったことなかったです^^)、うちの近所では日常生活で車を使う必要性はほとんどない。つまり、電車に乗らないということは、徒歩圏から出ないということを意味するわけですね。あらためて、3月は缶詰状態だったのだなぁ、いうことですワ。


大昔はこういう状態の後は、ちょっと遠いところに行って、いつもと違うことをして気分転換、みたいなことをしてたんだけど、あの方を置いて遠くに行く気にはとてもなりませんのでね。

というわけで、近場で非日常、非日常、非日常。。。と考え、こちらに行ってまいりました。
d0123346_1321098.jpg
シーズン前の静かな箱根。あいにくの雨でしたが、窓の向こうの桜に雨粒が止まってガラスみたいじゃないですか? これはこれでいい眺めでした^^。

この日のお目当ては昭和初期に建てられた建物での個室懐石料理。
d0123346_16462811.jpg
d0123346_12555853.jpg



スタートはまろやかな梅酒。
d0123346_10113740.jpg
こちら、建物も風情がありますけど、器も美しい。これから出てくるお料理に期待が高まりました。


先附。山菜と白魚のゼリーがけ。
d0123346_10122691.jpg
くるりんとしたかぎぜんまいと白魚の姿に春を感じ。


八寸。奥左から鯛のしんじょの寄せ物、海老とローストビーフの巻物、出汁巻き(ここには菜の花の辛子和えがついてましたが、あっ、と、思った時にはもうBが食っちまってました^^;)。手前左からモロヘイヤのおひたし、うどのぬた。
d0123346_10143710.jpg
雛壇のような形の漆の器にて登場。かわいらしかったです。


椀。胡麻豆腐と枝豆のすり流し。
d0123346_10144538.jpg
こんにゃくに隠れて見えないんだけど、胡麻豆腐も桜の形です。飾り切りされた大根まで温かく、また、すべてが微妙に違う下味がしっかりついてて、一緒に口に入れるとむむむ♪。豆好きなワタクシ、非常に気に入りました~。


向附。鯛とカンパチ、鮪。
d0123346_10173244.jpg
ぴしーっとした包丁目に和食の良さを思い出しました。。。家庭画法風に撮ってみたけどいかがでせふ(笑)。


焼物。鰆の粕漬け。
d0123346_10145467.jpg
漬かり過ぎず、うっすらと粕の味。


焚合。新筍の炊き合わせ。
d0123346_1015511.jpg
今年お初の筍でした。しゃきしゃきとしっかりした歯触りに驚きましたが、堀りたてだから下茹でしてないということのよう。水っぽさ皆無の筍でありました。


御飯は、豆ご飯。
d0123346_1016872.jpg
止椀は正確には忘れたけど、メカブの赤だしだったような。


最後の水物は牛乳寄せ。ソースはこちらのスペシャリテの梅。
d0123346_19332032.jpg
見た目より濃厚でしたねー。生クリームが入ってるのかな。

奇をてらったものは何もないけど、旬のものがいろいろといただけて美味しかった。ごちそうさまでした♪

***

2時間以上かけてご飯を食べた後は長い廊下を抜け、
d0123346_19381553.jpg
d0123346_1795023.jpg
緑が鮮やかなお庭も抜け、
d0123346_17101293.jpg
たどり着きましたのはこちら。

貸しきり時間は40分とウェブサイトには書いてあるんですけどね。案内してくれた方が時間のことを言うことはなく、ごゆっくりどうぞ、とだけ(一日一組限定だからでしょう)。

おかげで結構、のんびりしちゃいました。サウナ(写真右奥)まである家族風呂というのは初めてだったし、二人には十分過ぎる広さで、ゆったりしててとても気持ち良かったです。

***

お風呂と懐石のセットのコースで予約すると、宿泊者専用というサインの奥、建築で有名なこの旅館の美しいサロンも自由に使うことが出来ます。
d0123346_1301761.jpg
d0123346_1303223.jpg
正面は枝垂桜。お茶のサービスあり。ネイルのブースもあったので予約するとできるのかも。
d0123346_1304620.jpg
のんびり建物を見て歩いた後は、お風呂上りにはやっぱりアイスクリームだろうということで、ラウンジでこちらのオリジナルの桜入りのアイスクリームをいただきました。
d0123346_17472914.jpg
桜餅みたいな味だったよ。紅茶もいただきましたが、本当にいい香り。マリアージュフレールのかと思いましたが、ここのオリジナルだそうです。

ホテルフェチのあなたには(って、それは昔のあたしか^^;)、次の写真に写ってる有名な廊下を見れば、ココがどこかわかりましたね(笑)。
d0123346_16583349.jpg
建って20年くらい経つと思うんですけど全く古くさく見えないのがさすが。こちら、伝統的な日本のテイストをモダンに持っていった最初の旅館の一軒だと記憶してますが、どの角度から見ても隙のないインテリアはいいお勉強にもなりましたワ。飾ってあるものがどれも素敵で欲しくなって困るけども。

正月以降、二人とも本当に忙しかったものですから、実はへとへとだったのね。ここに来て、急に体の疲れが取れたわけではないけど、精神的にはすごくすっきりできたです、美しいものがたくさん見られて良かった。
d0123346_1074543.jpg
さぁて、次はいつ来ようかな(笑)。その前に、またまた、やることを片付けねばですがね^^;。


***


おまけ。箱根からの帰り道にあたる小田原近辺には美味しいものがたくさんあるけれども、今回はこちらに寄り道。この近くに住んでる知り合いに紹介されて以来、気に入りまして、箱根方面に来た時は時間の許す限り寄るようにしています。がんもが美味いのじゃ^^
d0123346_1734643.jpg
d0123346_1829216.jpg
季節物の筍のがんもを含め、10種類近く買って帰って、夜は蕎麦にのっけて&軽くあぶって大根おろしとしょうがで食べました(残りは冷凍)。濃厚な豆乳もお勧めざんすよ♪(日曜は休みでーす)。
[PR]
by koru2007 | 2008-04-10 20:38