もぐもぐ・すやり

秋の到来

めっきり、朝晩、涼しくなりましたね~。

涼しくなると出るものがありませんか、猫飼いの皆様?

そうです、涼しくなると奴が出るのです。ほれ、このように。
d0123346_8143677.jpg
「オレ、載りたいんだけど」


その正体は。。。


d0123346_815236.jpgって、ばればれだけどさ(笑)。気温が20度を切ると、我が家では自動的に出る膝のり猫@机あるいはソファ。

いつも、引っ付いてんじゃん、って言われそうですけど、暖かいとおんぶのほうが人気なんですよ(理由不明)。

自分で載ると方向転換できないので(前を向いて座りたいらしい・笑)、抱っこしてくれるのを待ってる、の図です。

無視してると、無理やり膝の上に降りて、肩に抱きついてきます。。。毎度、何を飼ってるんだかわからなくなる瞬間です^^;

←「まーだー?」


膝に座ると枕を確保して、やれやれ、と。
d0123346_820193.jpg
「まったく、早く膝に載せろよな」
 


しかし、すぐ仰向けor横向きになりたがる(=支えてないと落ちる)ので、飼い主、なかなか作業との両立がむずかしー(&重い)。
d0123346_820962.jpg
「ふー。。。さぁ、寝よう」
 

難儀な季節が始まりましワ。


***


飼い主だって秋は忙しい。

うちから箱で来たカボス。
d0123346_937598.jpg
色がかわらないうちに全部絞って冷凍しとかなきゃなんないし。


あとはこれですね、秋を忙しくしてくれるのは。
d0123346_9393638.jpg
栗の好きな私のために、毎年実家から大量に送られてくる栗、栗、栗。

もちろん、関東にだって栗は売ってるわけですが、この栗は親戚んちの山で採れる正しいMade in Japan(笑)。栗だって生鮮食品ですから、いくら皮付きといっても日にちを置くと、どんどん不味くなるわけでして。

残業残業だった時代には夜中に栗を剥きながら、あたしの人生っていったい。。。(←単に食い意地が張ってるだけ^^;)って思ったものですが、3年ぶりの日本の栗でございます(さすがに親もアメリカにまでは送って来なかった)。無駄にはできませぬ。今年は久々に真面目に栗仕事に取り組みました。


栗といえば、の、親友の登場。。。
d0123346_9463922.jpg
くりくり坊主(2代目)。これを使う前は硬い鬼皮を剥くのに毎度、血を見たものでした(^^;ゞ


初日はまず、これね。
d0123346_101456.jpg
定番の栗ご飯。うちは玄米なので、地味だし、なんか、やたら栗がデカイですけど、まぁ、家庭の味?ということで。剥きたての栗はスーパーで売ってるチャイナな剥き栗とは別物なホクホクさ、でーす♪ 栗剥きで痛くなった手首を一瞬忘れさせてくれましたっ。


さらに、今年、どうしても作りたかったのはこれ。

d0123346_108179.jpg渋皮煮、でございます(←ほぼ、出来上がりの図)。

作ったことのある方はご存知と思いますが、渋皮煮はすごーくめんどくさい。

重曹で下茹でし、やわらかくなった余分な繊維をこすり落とし(油断すると渋皮まで取れる^^;)、その後は渋みが抜けるまで、何度も何度も茹でこぼし、その後、砂糖を染み込ませるのも一晩がかり、みたいな。

でも、個人的には、甘さのきついセイヨウのマロングラッセよりも、色のキレイな甘露煮よりも、栗は渋皮煮が好き。

薄甘いお味は和栗本来の味が一番楽しめると思うわけなのでした。




ほれ、かわいいでしょ^^(自画自賛)。
d0123346_1519429.jpg
別にかわいこぶって、こんなヒラヒラのタルト台にのっけたわけじゃなく。
d0123346_1741633.jpg
栗といえば、の、あのケーキを渋皮煮のペーストで作ろうと思ったというわけ。
d0123346_17411948.jpg
ジャキーン!


ところが、ですね、3年前に買った絞り袋、コシのある栗ペーストを搾り出してたら、ぶびっ!、と(爆)。

今回のペーストはコーヒーのお茶請けにベロベロとすくって食っちまいましたが(美味かったい♪)、リベンジせねばならんので、新しい絞り袋を買ってこなきゃあです。次回、気が向いたら、ケーキの完成図を載せる、か、な?



<渋皮煮製作中のヒトコマ>

重曹で下茹でした栗の渋皮を洗い落とし中、と、その見物の衆。
d0123346_10145080.jpg
d0123346_10145870.jpg
流しの隣の冷蔵庫の上から覗きこんで目、むいてました(なぜ?・笑)。





週末は家族の天秤座オトコ第3号(1号はりるお、2号は実家のとうちゃん)の誕生日でした。

食事場所には事欠かない我が家のご近所。なんぞ食いに行くか、と、お尋ねしたところ、昨今、忙しく、お疲れのB、「うちいい」と、おっさるものですから。

ちっ、と思いましたけど、日頃、世話になってるしー。不肖アタクシめがお食事などご用意させていただきました。

テーマはイタリアン。理由はわたしが食べたかったからです(キッパリ)。

あとですね、材料がほとんど家にあったので^^(=酷い妻)。
d0123346_1738851.jpg
d0123346_1953075.jpg秋の始めに植えたいろいろな方々も、今年は台風が来ないせいもあって、元気にお育ちになっておられます。

植えてるのが、ほとんど、ハーブ系なんでちょうどいいや、と^^。間引きもしたかったし。










↓ で、人を招んでるわけでもなし。午後中、たらたらと食べながら作りました。

d0123346_1911769.jpg
d0123346_613347.jpg
お供のバルバレスコ。


この方もお手伝いしてくれました。
d0123346_1947410.jpg
味見中です(嘘です。しょっぱいので慌てて止めました^^;)。殿はチーズが大好きなんですワ。


この日のメニューはこうでした。

まずはアンティパスト(前菜。昔、イタリアンレストランでバイトしたので料理用語だけは知ってんの^^)をかねて、ブルスケッタ、ってやつです。
d0123346_19481896.jpg
用意した具はタペナード(オリーブのペースト)、黄ピーマンのマリネ、おなじみのトマト&バジル(趣味でケイパーとアンチョビをちびっと入れました)。

パンはさすがに今日はお他所から。オリーブのはここ、イカ墨のはここから。どちらも評判どおり、粉の味がしっかりするおいしいパンでございました。


前菜その2はこれ。なすのグラタン。
d0123346_2004134.jpg
殿が上でなめてるのはこれね^^。Bはなすが嫌いなんですけどね。いいんだ、あたしが好きだから♪ というか、実家からなすが来たんで。。。それだけです(笑)。


これも前菜、か、な。。。カルパッチョですな。
d0123346_2001946.jpg
サカナは前の海で朝、揚がった鯵。チャイブ等のハーブ類は自家製です(うふ)。エキストラバージンに、マスタード、レモン、等のみで味付け。鯵が新しいのでおごっそうになりました。


プリモ・ピアット(一皿目)です。トマトソースのニョッキ。
d0123346_2005671.jpg
トマトソースとバジルが大好きなBさんに捧ぐ自家製(笑)。よそ見しながら作ったんで、ニョッキがちと茹で過ぎ^^;。ニョッキの角を見ないようにお願いしますね(爆)。


で、セコンド。豚。
d0123346_201951.jpg
鴨でも焼くかとうっすら考えたのですが、駅前に行く途中の近所の肉屋にきれいなヒレ肉があったので、あっさり変更^^。久々にオーブンで塊肉を焼いてみた。ソースはバルサミコを煮詰めたもの&プルーン。


ふー、ここらで日も落ちまして、つまみ食いしながら作ってたんで、腹もいっぱい(=休憩)。
d0123346_2011712.jpg
伊豆半島に落ちる夕日。


で、とっぷり暗くなったところでデザート。
d0123346_2012783.jpg
Bの誕生日には10年以上毎年チョコレートケーキを焼いてきたのですが、先日の検診で、微妙に中性脂肪が多かったので、自粛してアイスにしました。
d0123346_20284832.jpg
普通のアイスよりやわらかめ。セミフレッドってやつです。

アイスの中身はマスカルポーネと以前にも使った豆乳入りうそっこ生クリーム^^。つまりこれはティラミスのクリームをかき混ぜながら凍らしたものに、エスプレッソをかけてココアを振ったもの。チョコケーキだと、あたしが食べらんないから、1ホール、Bが食べることになるけど、これなら私も食べられるのでね。血糖値も高めのBさん、一日一カップというお約束でしばらく毎晩差し上げることになりました。



以上、Bさんのリーンな(本当か^^;)今年のバースデーご飯は終了。久しぶりにがっちり料理できて楽しかった。よく考えたら、プレゼント忘れてたけど、このご飯、ということにしとくか、な(笑)。
[PR]
by koru2007 | 2007-10-22 20:41